横浜市内引っ越しでも引越し料金はかなり違いますよ!

市内での単身引越しの場合

yokohama121 (6)私の経験上ですが、市内の近距離の場合の引越しで荷物量が少ないなら赤帽が安いのではないかと思います。赤帽は作業員兼ドライバーのオジサン(オジサンとは限りませんが)が一人ですので、それなりの荷物運びはご自分でも行わなければなりませんが、料金的には赤帽を使うのが一番ではないかと思います。

多少、荷物が多いかな?という場合にはテレビCMでもおなじみの日通のワンルームパックの利用も検討してはどうでしょうか?。作業員2名+2トントラックですのでまずまず荷物は運べます。また大きな家具や家電などは当日に作業員が梱包をしてくれますので、自分で行う荷造り・梱包はそれ以外のものとなります。赤帽に比べると遥かに楽な引越しとなります。ただし引越し距離は30キロメートル以内というのが基本で、土日には休日料金となり高くなります(平日価格+5000円程度)。また引越しがピークとなる春の数週間はワンルームパックのサービスは停止になります。あなたの引越し元・先の住所によってはワンルームパックのサービス提供が行われていないこともありますので注意が必要です。

友人や知人の手を借りるならば、トラックだけをチャーターしての引越しが最も安いかと思います。ただしお手伝いのお礼に食事をご馳走したりするのが当然ではないかと思いますので、そういう費用をすべて引っ括めると、必ずしも安いかどうかは??ですよね^^;

市内での家族の引越しの場合

家族単位での荷物量となると見積もりをしてもらわないと正確な料金はほとんど分かりません。また休日の引越しだったり月末だったり、繁忙期だったりすると引越し料金は通常よりも遥かに高くなるのが通常です。複数の引越し業者の見積もりを取り寄せて比較するのが良いでしょう。

短距離にオススメの引越し業者

yokohama121 (4)

マンションを買ったから賃貸住宅から引っ越す、結婚するので引っ越すなどさまざま理由で短距離引越しをしなければならないときがありますよね。短距離の引越しを考えている方におススメの引越し業者を紹介したいと思います。短距離で荷物が少なめの方には『赤帽』と『全国学生引越センター』がおススメです。赤帽のシステムは時間性で、2時間以内なら8.400円から1時間延長毎に3.150円がプラスされます。あと、3階以上の建物でエレベーターがないものは1階ごとに1.000円プラスになります。他にも細かく料金設定されているので見積りの際確認してください。『全国学生引越センター』の短距離引越しは大きく2つにわかれています。

 

1R~1Kの荷物が少なめの引越しなら作業員1名の軽トラックで、10.000円からとなっています。荷物がやや多めで1K~1DKの部屋からの引越しなら作業員2名、2tトラックで、21.000円からとなります。料金は安いですが総額300万円の保険がついているので、万一の場合は保障がされます。近距離の場合、小さい荷物は自分で運んで大きいものだけを引越し業者に依頼することも可能です。トラックだけを借りて友人に協力をしてもらうという手もあります。ただし、友人に協力をしてもらった場合お礼に食事をご馳走したりして、引越し業者に依頼したときより高く付くなんてこともあります。それに荷物を破損されての文句も言えないなんてことが…。引越し業者だと荷物の破損などは状況によって保証してくれます。総合的に判断すると短距離の引越しでも業者に依頼したほうが良いでしょう。

市内の引越し料金の相場ならまとめて比較出来るサービスが便利です!

yokohama121 (1)

市内の引越し費用の相場ですが、引越会社によって料金・サービスに違いがあるのはもちろんです。
また引越しをする季節によっても相場が変動しますので、見積もりを取り寄せて比較するのが上手な引越しの仕方となるのは言うまでもありません。
「引越し価格ガイド」なら無料で簡単に提携100社以上の業者から見積を取得出来るのでたいへん助かりますよ♪

引越し見積もり一括取得サービスの概要を知りたい方はこちらから!

☆引越し料金を更に安くするには・・・

スケジュールに余裕があるならば「時間指定をしない」依頼の仕方があります。
これによって引越し料金がさらに安くなります。

☆サービス内容には注意・・・

・ダンボール契約サービス50枚
・テープ2本、布団袋2枚無料
・ハンガーBOX無料
という特典を料金の中に付加している引越会社と、オプションとしているところがあります。
見積もりと取り寄せたなら各社の料金だけではなくサービス内容もしっかりチェックすることが大切です。

市内の引越し費用は荷物量が決め手となります。もし今回がはじめて親元から離れるというような初めての引越しということであれば荷物量はかなり少ないと思いますので、宅急便を利用したりあるいはレンタルのトラックやワンボックスカーを使っての引越しが良いかもしれません。それが一番の安上がりだろうと思います。またお手伝いをしてくれる人が近くにいないという場合には赤帽に依頼するという手段も有効です。ですが一人暮らしでもかなり生活が長い人の場合や家族のケースではやはりプロの業者を利用した方がコストパフォーマンスが良いでしょう。時間と労力を考えると十分にお金を払う価値があると思います。さてその際にはどのくらいの費用が一般的にかかるのか?、実はこれを知るには見積もり書を比べてみるしか方法がないのです。でも大丈夫なんです、現在は無料で一度の操作で最大で10社の業者から見積書を取り寄せて比較をすることができる便利なサービスがあるのです。これを利用しないと絶対に損ですよ。

今すぐ見積もりを開始する方はこちらから!

市内の引越し料金の相場なら「引越し価格ガイド」が簡単です。無料で提携100社以上の引越会社から見積もり取り寄せ・費用やサービスの比較が出るのでとても便利です。